<ジアウトレット広島抜け道>五日市インターチェンジの渋滞を避けて駐車場へ行く裏道

『[平日のアウトレット広島]駐車場の渋滞状況とフードコート混雑、並ばず食事が出来る穴場について駐車場の駐車率が60~70%時の周辺や店内の様子。

2018年4月27日にグランドオープンしたイオンの新しい試みジアウトレット広島

プレオープン初日の24日は周辺一部区間で渋滞が発生しました。

しかし、グランドオープンや翌土曜日は渋滞は無し。

思っていたほどじゃなかったかも!?と拍子抜けしていたところ・・・

オープン後初めての日曜日、モール周辺から県道71号線は大渋滞になりました。

そして翌日以降も同じような渋滞状況でした。

イオンモール周辺の渋滞時の回避方法、詳しくは→【必ず読んで行こう】「超混雑期のジアウトレット広島」渋滞を避けスムーズに駐車場へ入る裏技アクセス!五日市インター経由の方は特に見ないと損をする!をご覧ください。

・五日市インターチェンジから先は、左車線を走らない方が良いこと

・まず目指すは①からの左折入庫で、満車の場合は⑤を目指すこと

施設周辺に近づいてからの内容は上のリンク記事通りで良いのですが、そもそも県外など遠方から高速道路を使って来られる方は、五日市インターチェンジからおりる段階で渋滞にハマり下りられず!

時間をロスしてしまうんですよね。

こちらは5月4日11時頃の山陽自動車道下り五日市IC付近の様子です。

一番左の車線が五日市ICからおりるために大渋滞です。

広域公園ビックアーチで余程大きな試合か、コンサートが行われない限り、ここまで渋滞することはありませんでしたが、

今後はジアウトレットのセール期間などこういった光景が増えるかもしれませんね。

今回は、五日市ICを使わず裏道を通って上手にアウトレットモールに近づく手段をお伝えします。

既に手遅れでこの渋滞に並んでこの記事を読んでいる方もいるかもしれません。

「出口まであと何キロ」という基準を渋滞のゴールだと考えないようにしてください!

(手遅れの場合は、宮島SAスマートインターチェンジや廿日市ICも検討してみてください)

今回の記事でも、渋滞のその先が分かってもらえると思います。

より詳しく知りたい方は、→【必ず読んで行こう】「超混雑期のジアウトレット広島」渋滞を避けスムーズに駐車場へ入る裏技アクセス!五日市インター経由の方は特に見ないと損をする!を読んでください。

ジアウトレットの駐車場記事は4つくらい書いていて全部読むと少し長文になりますが、この渋滞を避けられる時間短縮と思えば、予習として読んでおく価値はあると思っています。

ジアウトレット広島は駐車場4000台のスペースがあり、駐車場代金は無料です。

通常出庫時に駐車料金を支払うゲートがあるわけではないため、周辺まで続く渋滞は単純に4000台が埋まり飽和状態になることから発生しています。

スポンサーリンク

五日市インターチェンジに近づく前にチェックすべき2つ

五日市ICに近づく前、まず2つのことをチェックしてください。

1、『ハイウェイ交通情報』を使って五日市IC付近の渋滞をチェック!

但し、ハイウェイ交通情報のアプリでは「渋滞」となっていなくても、71号線合流付近は渋滞していることがよくあります。

「渋滞」が無いから余裕!とは思わない方が良いです。

子どものトイレなど事前に済ませておかないと、渋滞にハマると抜けようがありません。

もし既に五日市ICで渋滞にハマっている場合は、右寄りのETCレーンから抜けましょう。

ジアウトレット広島は料金所のあと、分岐を右に進みます。

2、ジアウトレット広島の駐車場状況をチェック!

敷地内駐車場の駐車率には、現在何%駐車場が埋まっているか表示されます。

実は、この割合によりモールまで近づくおすすめのルートが変わります。

ここが100%の時は、五日市IC周辺の渋滞(左車線だけ)も予想されるため、出来るだけ違うインターから下りた方が良いでしょう。

五日市インターチェンジの状況について

五日市ICは、料金所を出ても県道71号線の通りに出るまで、少し距離があるんです。

県道71号線に出た時に、左車線が詰まっているから、合流して車線になかなか入れずに料金所に向けて渋滞が悪化していきます。

五日市ICより手前の県道71号線は全く渋滞していませんが、五日市ICから出てくる車が高架橋の上まで並んでいるのが分かります。

この写真のように、ジアウトレット広島に向かう遠方の人達が、料金所から大通り合流場所まで並び、さらにそこからずっとモールまで、左車線に3kmほど渋滞を並んでいます。

ここの渋滞は並ぶ必要はありません。

【必ず読んで行こう】「超混雑期のジアウトレット広島」渋滞を避けスムーズに駐車場へ入る裏技アクセス!五日市インター経由の方は特に見ないと損をする!になぜ並ばなくて大丈夫なのか、動画と写真を載せています。

実は、このとき、少しヒヤッとしました。

何度もジアウトレットに遊びに行っていますが、五月が丘交差点前がこれまでで詰まり気味だったので。

もしも交差点「A」「B」が同時につまり渋滞を起こしていたら、右車線も渋滞の影響を受けるでしょう。

というより、本来は右車線も影響を受けているはずなんです!

五日市ICからイオンモールまで3kmを1車線だけ律儀に渋滞してくれていますが、この車の量が同時に「A」~「C」付近に集まると確実に2車線とも渋滞になります!

前方が見えず、右車線も詰まり気味だったので、今回はその状況になっているかもしれない。

慌てて五月が丘交差点を右折し裏道から行くことにしました。

「あら・・・右車線大丈夫だったわっ!」

右折する時に様子が分かりました。

それにしても、左車線は相変わらず凄いです。

並ぶ必要ないです!

五月が丘交差点より先、万が一右車線も詰まったら・・・

もう逃げ道はありません!

ここの交差点でしっかり判断してください!

五月が丘交差点「右折か」「直進か」判断基準について

判断は、ジアウトレット広島ホームページの駐車率が大きな基準のポイントになります。

駐車率が80%くらいまでは、直進して南駐車場を目指しましょう。

繁盛期の駐車場誘導から見る最適入庫ルートと東西南駐車場の状況について』に書いているように、東西駐車場が満車になっていても、南駐車場は余裕を持って駐車できます。

80%であれば、直進し「C」から左折です。

100%以降が問題です。

度合いにより直進でも道のりはありますが、遠くから来られた方は土地勘がなく分からないかもしれないので、五月が丘交差点を右折しましょう。

県道71号線は右車線が空いていても、どちらにしてもモールに行くためには一度どこかで左折する必要がありますからね。

駐車率100%の日を2日連続で見てきて、100%の時はまず⑤を目指すべきと確信しました。

これだけ各所で入庫渋滞が発生している同時刻、この⑤が一番の穴場なんです!

ここが渋滞したら、僕は南駐車場①を目指しますが、この⑤の西駐車場に入る道が、一番渋滞しない入口だと思います。

まずは、県道71号線から左折せず、モールに近づく手段をお伝えします。

免許センターの方に抜けて近づくルートです。

石内バイパス免許センター方面からジアウトレット広島へ

五月が丘交差点を右折します。

500mくらい走ると「免許センター左」の看板が出ているので、ここを左折です。

ここの交差点、覚えておいてください。

後ほど説明する、五日市IC前の道路(県道71号線)を全く走らず広島西風新都ICから裏の抜け道を通った時も、ここの交差点にたどり着きます。

その時は写真の右手から左手に直進で免許センターに近づくルートになります。

150mほど坂道を上るとT字路にぶつかるので、ここも免許センターの看板標識に沿って右折します。

「免許センター、免許センター」と伝えているので、ここだけは注意してください。

この写真の交差点は右折すると免許センターです。

ここを直進して前方に見えるトンネルをくぐります。

前方にジアウトレット広島が見えてきます。

ここからは【必ず読んで行こう】「超混雑期のジアウトレット広島」渋滞を避けスムーズに駐車場へ入る裏技アクセス!五日市インター経由の方は特に見ないと損をする!の⑤入庫の説明の通りです。ここでは南駐車場から抜けて⑤を目指していますが、免許センター側から行く場合は、ローソンの辺りの道で折り返してください。

なぜ⑤の西駐車場入口なのか

五日市ICを使うルート以外の説明の前に、再度なぜ⑤を目指すのか、説明しておきます。

今回はまた違う地点から様子を撮ってみました。

地図「K」地点から黄色矢印3方向を撮影しています。

写真で一目瞭然、納得出来るはずです。

「A」を左折して入って来た車たちです。

この後も直進をしていきます。

本当は地図の青矢印のように右折すればすぐに西駐車場側から入れるのに。

きっと2つの心理があるんだと思います。

「五日市ICからここまで並んだからもし皆と違う動きをして、あっちで入れなかったら今までの苦労が無駄になる」

「建物は見えている、やっと着いた!もう少しで入れる」

続いて黄色矢印の反対方向を見てみます。

その渋滞、まだまだまだまだ続くんです。④は駐車場100%時かなりの確立で右折入庫制限をしています。

【必ず読んで行こう】「超混雑期のジアウトレット広島」渋滞を避けスムーズに駐車場へ入る裏技アクセス!五日市インター経由の方は特に見ないと損をする!→混雑時のジアウトレット広島への近づき方や駐車場の全貌で伝えている通り、南駐車場の②まで渋滞は続きます。

そんな同時刻にです。

最後の黄色矢印の方向を見てみましょう。

駐車場に向かって伸びる道路分かりますか。

全く車が居ません。

警備員さんが普通に入るように誘導しています。

全然スムーズに入れるんです!

この情報が広まるまでは、絶対穴場なんです!(笑)

同じ時間帯に他から入る車はこれですからね。

入った後は同じ条件なので、先ほどから貼っているリンク先の「駐車ポイント」をご覧ください。

ということで、駐車率が100%の時目指すのは⑤です!

それでは、次に五日市ICから下りないルートでモールに近づく道のりをお伝えします。

ゴールデンウィーク後半、3~6日は更なる渋滞が予想されるため、参考にしてください。

沼田PAスマートインターチェンジからの抜け道

平成30年3月21日に開通したスマートインターチェンジです。

ETC専用で普通車しか通れません。

イオンアウトレットが出来る前に開通したのは、アウトレットオープン後の五日市ICの渋滞緩和のためでしょうか。

それでもあの渋滞ですからね・・・

岡山方面から来られる方は、こちらから出てくるようになるのですが、

1点注意することがあります。

それは、パーキングエリアの駐車場より手前に出口があるため、パーキングが使えないことです。

ジアウトレット広島の駐車率を確認するには、沼田PAより1つ前の休憩場所でチェックしておきましょう。

山口方面からの方は、宮島SAスマートインターで下りて、石内バイパスから免許センター経由が最適かもしれませんね。

インターを出た後はこの交差点を左折です。

右手にはローソンとウォンツがあります。

道なりに走り・・・

PAに出来たスマートインターチェンジということもあり大通りではなく、裏道です。

ひたすら真っすぐ走ると大通りに抜けます。

ここを左折することで五日市IC方面に行けます。

出来ればここで、カーナビやGoogleマップでモール周辺の交通状況を確認しましょう。

もし渋滞が多く発生しているようなら、左折後にすぐ右折しましょう。

左折後すぐの交差点、ここの左に看板が立っています。

昨日も今日も「満車180分待ち」の看板、一昨日は「混雑」だったかな。

交差点を右折した後の道のりは、次に説明します。

ジェームス 広島西風新都店」の続きから読んでください。

ここの交差点を直進する場合は、出来るだけ右車線を走りましょう。

五日市ICのあと、左車線は停滞します。

西風新都インターからジアウトレット広島まで最短の裏道

広島西風新都インターチェンジから出たら最初の交差点を右折します。

写真位置が分かりにくいかもしれません。右手が高速道路入口です。

この写真で言う奥側、トラックが走っている方に進みます。

2車線の大通りを道なりに進むと上り坂があり・・・

道が1車線になり左カーブになります。

行きたい道は、奥の看板があるところなのですが、

ガードレールがあるため、こちらの車線からは進入できません。

ローソン、セブン、左奥には西松屋やウォンツなどが見える交差点。

ここで反対車線に折り返します。

ジェームス 広島西風新都店」が見えます。

沼田PAスマートインターから途中右折してきた方もここに合流です。

この突き当りを左折。

抜け道ぽくなってきましたね。

ここから数百メートルは道幅が狭いので気をつけてください。

石内バイパスまで出られる抜け道なので、比較的交通量があります。

ちょっと狭い道ですが、ここを抜ければ後は安心です。

道なりにひたすら下って行ってください。

信号が見えたらこの交差点を左折します。

数百メートル走ると、前半にお伝えした「五月が丘交差点左折後の次の交差点」

この道に繋がっています。

ここの交差点を直進して上がっていき、免許センターを目指します。

ここからの道順は、五月が丘交差点を右折緊急回避したパターンと同じです。

まとめ

ひとまず、セール期間の週末など頻繁期は五日市インターチェンジは避けるべきだと思います。

これまでも夕方のなど県道71号線が混むときは、料金所付近まで混むこともありましたが、ジアウトレット広島が出来てからはレベルが違います。

出来るだけスムーズに行くためのルートをこれまでお伝えしてきました。

この記事を読んだ皆さんが出来るだけ短時間で現地入りしてアウトレットを楽しめますように。

あわせて読みたい 

《ジアウトレット広島》ゲームセンター各種料金設定や時間設定、年齢制限について。室内スケートやVR-Xが本格的過ぎる!

出発前に準備!ジアウトレット広島は通常のイオンモールにはある“アレ”が無かった!

子連れは気になるジアウトレット広島のトイレ、オムツ台や授乳室について



シェアする

フォローする

スポンサーリンク