子どもが生まれると、変わる視点がある

こんばんは。主夫パパYoshi(@BentoSamurai)です。

いつもは、トップの写真に文字を入れていますが・・・

この景色に、文字入れなんて野暮ですよね(笑)

日々の子育てで感じることがあります。

子どもが生まれると、少し視点が変わる

ということ。

今回は、ゆる~っと雑記ブログです。

ゆるい南国の島時間と、子育てに追われる時間の狭間で・・・

ホッとするより、バタバタする!時間が多い(涙)

そんな中、家族が寝たのを見てちょこっとブログ記事を更新してみる。

スポンサーリンク

変わらない景色

約10年ぶりに沖縄県の石垣島や竹冨島を訪れました。

綺麗な海

暖かい気候

ゆっくりと流れる時間

美味しい地元の料理

変わらない景色がそこにはありました。

変わる景色

新しくなった「南ぬ島石垣空港」

設備もしっかり整っていた。

社会的に男性の育児に対する意識付けが増している中で、

ハード面に配慮されている場所も増えてきました。

僕自身が子育ての中で困っていた部分なので、こういうところをみつけると本当に嬉しい。

竹冨島は新しいカフェや民宿も増えてオシャレ感が増していました。

変わった視点

島は変わらなかったり、変わったり。

風景は様々ですが。

子どもが生まれる前に見た景色と、同じはずなのに変わって見えた。

それは視点が変わっているからかな!

親としての視点。

子どもの目線。


アスレチック遊具バンナ公園ふれあい子供広場

子どもが生まれるまで意識したことがなかった、公園の遊具に気付いたり。

砂浜では星の砂を一緒に探してみたり。

子どもが生まれると、独身時代、新婚時代には見えなかったことに気が付く。

オイオイオイ・・・

靴のままだよ~

どうするよ~帰り道!(焦)

って感情も、子どもが生まれてからですね。

夫婦だけで訪れる南国とはまた違った1日1日。

子どもと景色を絡めた写真を上手に撮りたいと思いながら・・・

くっそ暑いので、仕方なく座っている3人の図です。

背中が物語っていますね(笑)

写真撮るより、その場その場の子どもとの対応に追われる南国。

1つ1つが良い思い出になっていきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする