本気過ぎる!綱渡りトリムコースに挑戦!山口きらら博記念公園の大型遊具

こんばんは。主夫パパYoshi(@BentoSamurai)です。

子どもの成長に合わせて遊ぶ公園も変化していきます。

4,5歳くらいになると、どんどんアクティブに!
我が家では小学生くらいからアスレチックに遊びに行く機会も増えていきました。

今回は、幼児からしっかり遊べる山口きらら博記念公園をご紹介!
特にトリムコースという綱渡りは、珍しい施設で必見です。
大人でも激ムズ(笑)

主夫パパyoshi
4歳くらいから中高生までおすすめ!

スポンサーリンク

施設概要

山口きらら博記念公園
山口県山口市阿知須509番50
TEL:0836-65-6900(管理事務所)

2001年(平成13年)の「21世紀未来博覧会(通称:きらら博)」の会場だった公園。
敷地がとてつもなく広いです。
多目的ドーム、サッカー場、ラグビー場、水泳プールなど様々な施設がありますが、今回は大型遊具とトリムコースを中心にご紹介します。
山口県で外遊びといえば、山口きらら博記念公園は代表的な公園の1つだと思います。

綱渡りトリムコース

綱渡りといいながら、いきなり飛び石のようなコース(汗)
どこまで落ちずに進めるかチャレンジしたくなるコースですが・・・
誰でも勝手に自由に遊べるというわけではありません。

受付など必要になるため、まずはそちらのご案内。

スタート地点に受付があるので、そちらの用紙に記入して、
ヘルメットがある管理棟に向かいます。

利用可能日は、土・日曜日及び祝日と春休み期間中
雨天、強風時は閉鎖

ここでヘルメットを借りて、コースをスタートします。

行く前に必ずチェックしておきたい2つのポイント

綱渡りトリムコースは対象年齢が小学4年生以上です。
3年生以下も遊ぶことは出来ますが、必ず保護者が手を繋いで利用しなければいけません。
そのため、大人一人、対象年齢以下の子ども二人で遊びに行った場合、兄弟一緒に回ることが出来ません。

子どもはなかなか待ったが出来ないので、兄弟がいる場合は、順番を決めておく、夫婦で行くなど計画が必要です。

サンダル、長靴などはNG!
夏場はついついサンダルで出掛けそうですが、必ず運動靴持参で遊びに行きましょう。

前半は余裕あり、後半はガチすぎる(笑)

 
前半は手を繋いで歩けば幼児でも十分渡っていくことが出来ます。
一部一人で通れるようなところもあります。
でも、後半は凄い!
ガチで綱渡り(笑)
手を繋いでも“プルプル”する!
子どもだけではなく、大人も楽しむことができるコースでした。
コース周辺はフェンスがあり、参加者以外は入れないようになっています。
でも遊具エリアから見えるので、子どもは絶対にやりたい!と言うはず。
お昼過ぎには凄い行列になっていました。
午前中の早めに遊ぶことをおすすめします。
中国地方でも、このような綱渡りは山口きらら博記念公園トリムコースにしかない特徴的なものだと思います。
主夫パパyoshi
他にもあったら教えてくださ~い

トリムの広場マウンテンネット

トリムコースと合わせて特徴的な大型遊具のマウンテンネット。
ネットの上だけではなく・・・

ネットの下にまで仕掛けがいっぱいあります。

ネットの網目は小さめ。
幼児でも足がはまることなく歩くことができます。

遊び心がすごい!「鳥取砂丘こどもの国」は天井裏を歩けるぞ!
鳥取県鳥取市にある「鳥取県立鳥取砂丘こどもの国」の施設説明。雨の日も遊べる空中回廊は中国地方ではかなり特徴的な遊具である。大型遊具や夏季はプール、キャンプ場もあり1日中家族で楽しむことができる。

鳥取砂丘こどもの国にあった網目の遊具と同じくらいの感覚。

ネットの部分は幼児でも遊べそうですが、この辺りは小学生くらいかなーという感じでした。
網目の部分もあるので渡れないことはないです。

赤い橋を渡って横に行くと、長い滑り台があります。

回遊性のある造りなので、子ども達はエンドレスで楽しむことができますね。

マウンテンネットはまだ早いかな・・・という2,3歳児も幼児コーナーがあるので楽しく遊べると思います。

その他の遊び

ボルダリングや芝そりも楽しめます。

まとめ

とにかく広い!!
ピクニックで1日中遊べます。

山陽側に住んでいる人が九州方面に遊びに行こうと思った時・・・
少し自動車道から逸れているんですよね。
インターチェンジ近くだったら、もう少し遊びに行きやすいかな。

九州方面からは、山陽自動車道が途中まで伸びているので、気軽に遊びに行ける公園だと思います。

また、少し距離がありますが、山口県で有名な湯田温泉に行くついでに子ども達を遊びに連れて行っても良いかもしれません。
トリムコースの人気から、午前中に公園に行って、午後からゆっくり温泉♪という旅行プランがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする