姫路でトリックアートを楽しむなら太陽公園!西洋?東洋?混同感が凄いぞ!

こんにちは。主夫パパYoshi(@BentoSamurai)です。

・・・・。

「お父さん!」

「ファインダー越しじゃなく、しっかりその目で子どもの演技見てみましょうよ!」

運動会など親の席取り合戦はなかなか凄いですよね。

写真撮影はお父さんの大切な役割!というご家庭も多いのではないでしょうか。

子どもの成長を記録に残したい。

分かります!!

分身の術で一人はしっかり応援、一人は撮影!とか出来るといいんですけどね(汗)

天津飯の「四身の拳」とかでも良いかもしれません(笑)

先日のドラゴンボール超(2017年9月)で久々技を使っていました。

最近は撮ったら安心、現像までしないケースが多くなってきました。

だって、枚数多いし(汗)

今回は、逆にファインダー越しに見た方が画になる!

そんなトリッキーな世界のご紹介です。

最近の僕の日頃使いはCANON EOS 70D、荷物になる時はコンデジのNikon coolpix s9900を使っています。

モニターをひっくり返して自撮りをしやすいやつ。

スポンサーリンク

太陽公園

太陽公園
住所:兵庫県姫路市打越1342-6
営業時間:9:00~17:00(不定休)
入園料:大人(高校生以上)1,300円
小人(小・中学生)600円
小学生未満 無料
駐車場:無料
電話番号:079-267-8800
※2017年8月現在の情報です。

世界遺産姫路城の「平成の大修理」も5年半をかけ2015年に完了しました。

家族で観光に行かれる方も多いと思います。

小学生くらいになると、歴史を学び子どもにも満足できると思いますが・・・

幼児(小学生低学年も)はあまりお城に興味を示さない場合があります。

そんな時、太陽公園に立ち寄ってみると、子ども達も楽しめると思います。

太陽公園は大きく分けて2つのエリアに分かれています。

「城のエリア」と「石のエリア」

僕のお勧めは城のエリアなので、そちらからご紹介します。

大規模!城のエリアのトリックアート

※写真は2011年のトリックアートです。一部展示内容は変わっています。

駐車場から見上げるとお城が見えるのですが、結構距離があります。

こちらはモノレールが入場料に含まれているので、乗って上がりましょう。

主夫パパyoshi
石のエリアのため体力温存です。石のエリアについては後述します。

トリックアートは目で見るとイマイチですが、写真に撮るとかなり立体的になります。

でも、やっぱり被写体がいてなんぼ!ですね。

今回は子ども達にいっぱい登場して、アートに含まれてもらいましょう。

うんうん。

やっぱり人が居ないと楽しくないですよね!!!

2011年頃はエジプトをモチーフにしたトリックアートが多く展示されていました。

三男がもう少し大きくなったら、また遊びに行って新たなアートで戯れたい。

トリックアートの世界は、どこまで自分を捨ててアートに溶け込むかですね。

この時は父子三人旅(三男が生まれる前)のため、僕がほとんど登場していません(汗)

お父さんって、写真を撮る役になりがち。

振り返ると・・・

弁当侍
あれ!?オレだけ全然写ってないじゃん!?

なんてことになりますよ(笑)気をつけましょう。

そのため、最近は自撮りをしやすいカメラを持ち歩き、父子旅行でもたまに自ら入っています。

どアップになりますが(汗)

なかなか見応えのあるトリックアートがいっぱいで。

撮影後に親子で確認して、キャッキャ言って楽しかったです。

シュール!!石のエリア

トリックアートメインに行ったのですが、せっかく入場料に含まれているなら、

石のエリアも堪能しましょう。

一旦駐車場まで戻り、徒歩で石のエリアに向かいます。

かなり広大です・・・

そして段差も多いので、乳児連れや、抱っこ抱っこ!のお子さん連れは大変かもしれません。

ベースは中国でしょうか。

中国なんだと思います。

比率的には中国です。

でも、石のエリアの入口は凱旋門です(笑)

秦始皇帝兵馬俑坑!

確かに中国なんですよね。

いや、日本の気配もしてきました・・・

磨崖仏

もうここまで来ると「石の世界」で括るしかありませんね(笑)

さすが石のエリアです!

モアイまで!!

他にもピラミッドもあり、色んな世界観を感じることができます。

まとめ

姫路といえば、姫路城や姫路セントラルパーク(サファリ)が有名ですね。

僕は旅行に行く際は、急な雨天時のプランも立てて動くことが多いです。

太陽公園(特に城のエリア)は雨天案の1つとして最適だと感じました。

石のエリアはトリックアートとは別の意味で、トリッキーな世界でした(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする